コロンビアとラ・シエスタ

ユーゲンハイム/ラ・シエスタ、2013年6月。 コロンビアには豊かなライフ・スタイルやカリブの色彩など多様な文化が息づいていますが、コロンビアといえばとりわけコットンが有名です。熱く湿った気候のため、長い間コットンが栽培されてきました。大切な日常生活品の多くはコットンでできています。このような背景を持っているコロンビアは数百年来、織物産業に力を入れてきました。

P1050642

一月に収穫されるコットンです。 コロンビアのバジェドゥパルにて。
Copyright SOCiLA 2012

 

ハンモック工房 コロンビアにて

コロンビアの人たちはハンモックをこよなく愛しています。そしてこのカラフルなハンモックはコロンビア産ハンモックの特徴です。 Copyright LA SIESTA 2010

コットンが簡単に手に入り、どこの家庭にも織機があるためハンモック製作はとても身近にあります、またハンモックによってコロンビアの人々は蛇や虫からも身を守る事ができました。こういったことからも、コロンビアがハンモックと切っても切れない縁である事が分ります。もちろんラ・シエスタともです。

ハンモック工房とアレクサンダー グリザー

90年代中頃にラ・シエスタの創業者であるアレクサンダー グリザーは理想のハンモックを追い求めていました。 Copyright LA SIESTA 1995

90年代中頃にアレクサンダー グリザー理想のハンモックを作り出そうと必死でした。当時、コロンビアは危機的な状況でしたが、ハンモックへの情熱が彼を突き動かし続けました。そしてコロンビアでビジネスパートナーを見つけようと努力し続けました。ビジネスパートナーを探すうちにコロンビアこそハンモックを作る場所に最適だという想いはいつしか確信に変わりました。誇りを持って働くハンモック製作者達にも出会えました、彼らの情熱は様々な人を動かし始めました。アレクサンダーもすぐさま、自らの理想をこの地で追求しようと決心したのです。ビジネスパートナーとハンモックという限られた分野だけでなく織物産業全体にもおいても一歩ずつ前進していったのです。この話の続きはまた改めていたします。

ハッピーハンモック!

チーム ラ・シエスタ

追伸
もし次回までお待ちできないのでしたら、こちらのコロンビア・ハンモックの動画をご覧ください。又こちらのアルバムもございますのでご覧ください!

Comments

comments