ラシエスタはGOTSから認可を受けました!

2014年10月 ユーゲントハイム・ラインヘッセン
ラシエスタのコロンビア産オーガニックコットン・ハンモックがGOTS(グローバル・オーガニック・テクスタイル・スタンダード)から認可を受けました。認可の 記念に、コロンビアのビジネスパートナと共にメデジンにあるフィエスタGOTSに招待していただきました。これを機会にコロンビアの同僚や会社代表、ステークホルダーの方々とさらに絆を深めることができました。

GOTSから認可を受けると言う事は、ラシエスタにとって記念すべきマイルス トーンと言っても過言ではありません。というのもGOTSの認可は、私たちにとって多くの意味を持っているからです。私たちが今までしてきた事に対するご 褒美でもあり、私たちの行いが今後も認めていただけるという事なのです。そうです、GOTSの認可はラシエスタのエコと社会福祉的観点に即したテクスタイ ル製品が認めていただけたという証なのです。

GOTS認証式にて。ラシエスタとファテァラース。左よりコーネリウス グリザー、アレクサンダー グリザー。カルロス マヌエル ゴンザレスそしてホアン ラファエル アランゴ。

認証パーティーでは、ハンモックの製作やマーケティングに関しての持続可能性について話し合いました。ジャーナリストのマークス コーラーがフィエスタGOTS認可についての記事をコープ新聞に書いてくれました。

写真 ファテァレスの指導グループ、ソシラのアレクサンダー グリザー、コープ新聞記者の マークス コーラー、ラシエスタのコーネリウス グリザー、技術指導部のぺトラとユルカ。

GOTS(グローバル・オーガニック・テクスタイル・スタンダード)は持続可能な繊維産業を目指す企業にとって大きな意味を持っています。GOTSは世界で認められ、厳しいエコ・ソーシャルスタンダードなのです、そしてこの基準はあらゆる工程に適応されています。GOTSに承認されたラシエスタのハンモックとハンモックチェアは持続可能性に関する厳しい基準をクリアしています。

「GOTSが何を意味するかまだ知らないすべの人のために」これこそが、私たちのモットーです。

ラ シエスタの創業者アレクサンダー グリザーはラテンアメリカにおけるオーガニックコットンの栽培に尽力しています。特筆すべきは、コロンビア産初のオーガニックコットンの鑑定書です。このオーガニックコットンはアレクサンダー グリザーが主導したウラミタ・プロジェクトの一環で栽培されました。

パイオニアであるカルロス マヌエル ゴンザレスとアレクサンダー グリザーはコロンビアのオーガニックコットン栽培と加工に人生を捧げています。

スナップ:





ハイライト:

私たちのコロンビアにおけるハンモック製作をビデオでもご覧いただけます。歌詞はラシエスタのハンモックの素晴らしさを歌っています。演奏はスラム街モラビア出身のエスタシオンカリビ楽団です。

Comments

comments